1960年以降リリースされた

1960年以降リリースされたわりと新しい切手に関しては、額面より安い買取価格となってしまうことが多々あります。
詳しく述べるなら、額面50円以上の切手だと7割程度となります。
高価な額で買取が望めるシートの代表は、菊や手彫、田沢切手などです。これらの中でも、保存状態がよくて、カラーマークなどは需要も増え、高額となるのです。
なぜかというと、買取を行っているお店では買取前提の査定を行うため、買取の料金に不満があるケースを除いては売ることを前提に依頼を行うこととなるのです。切手は1枚のものよりもシートの方が高い金額で売れる場合が多いです。小型シートでも、バラよりは高く売れます。
切手の買取の場合は古物商に分類されているので、古物営業法で決められているお店以外では売ることはできません。
さらに、個々のシート及び切手をビニールをつかって完全に密封したもののほか写真を入れるのに使うアルバムに保存していたものは買い取りの対象にならない場合があります。