買取を前提とする

その理由は、買取店においては買取を前提として鑑定するので、買取額に同意できない場合を除いては売却することを前提に依頼を行うこととなるためです。さらに、個々のシート及び切手をビニールを使用することで完全に密封がなされているものやアルバムに保管されていたものは買取対象品にはならないこともあるようです。送っている途中で切手が傷つくことがあるので、厚紙を当てるなどして保護するようにしましょう。特に価値の高い切手の場合は傷などがつくと査定される額が大きく下がってしまうことがあるので注意してください。切手は1枚のものよりもシートの方が高く売れることが多いです。
小型のシートの場合も、バラよりは高価な額で売れます。切手の買取は古物商に分類されているため、古物営業法で決められている店舗の他では売却することはできません。高額な買取金額になる場合が多いのは、「記念切手」という名がつく収集家の人たちに大変人気のあるものです。
という訳で記念切手には売買仲介業を専門に扱う業者が存在していて、収集家は業者経由で売り買いを行っているのです。