未使用完全品などの条件

未使用完全品などの条件を満たしていた場合は額面以上になるケースもあります。
消印のついたシートは基本的には買取をしてもらえない傾向がありますが、消印の種類によっては買取大将となることがあります。
高く買取してもらいやすいシートであげられるのは、手彫や菊のほか田沢切手などです。
それらの中でも、保存の状態が優れていて、カラーマークなどは需要が多くなり、高い金額となることが多いです。
送っている途中で切手が痛むことがあるので、厚紙を当てるなどして守るようにしてください。
とりわけ価値の高い切手であれば痛んだりすると査定される額が大きく低下することもあるため注意が必要です。
切手のほか、明治時代の古封筒なども高額買取されるケースがあります。
基本的に、買取を行っているお店で査定のみをしてもらうことは不可能です。
買取金額が高くなりやすいものとしては、「記念切手」という名前の収集家の人たちに人気の高いものになります。
それにより記念切手には専門に扱う売買仲介業者が存在していて、収集家は業者経由で売買をしています。