株の取引には取引手数料が引かれます。この取引手数

株の取引には取引手数料が引かれます。
この取引手数料においては、証券会社によって金額は異なるのですが、店舗型の場合オンライン型に比べて高めだと言えます。
しかし、店舗型の場合担当者と相談しながら決めれるというメリットもあるのです。
株は手元あるいは銀行に預金しているだけでは、買うという行為はできないと言えます。
第一に証券会社の口座を新しく開設する必要があるのです。
証券会社においてはオンライン型と店舗型の二つの種類に分けられます。店舗型の場合、運転免許証や保険証といった身分証明書と一緒に振込先の預金口座番号を用意して申し込むことで、当日に新規に口座を開設でき、取引のスタートも可能です。株主優待を受ける場合、定まった株数以上を保有する株主全員に同じ量だけ贈られるところと保有している株数でいくつかの段階に分かれ数量が分けられているところなど企業によっていろいろです。
いくらなんでもそんな量は難しいとしてもわずかでもよいので、受けられたらと思う方もいるはずです。
ですが、株主優待を得ようと思ったら、まず最初に株を買わなければなりません。