眼精疲労の症状には例を挙げると目がショボショボした

眼精疲労の症状には、例を挙げると目がショボショボしたり、日が暮れると目がかすみ、近くや遠くに焦点が定まらなかったりします。そのほか目の充血、目の奥の痛み、まぶたが重くなるといった状態になります。
眼球以外にも重大な症状に発展する場合も少なくありません。
目に疲れが増えると、疲れ目がさらに進行します。まず、そのままケアしないでいると、眼精疲労へと悪化してしまいます。
眼精疲労の症状が現れると、症状はそう易々と改善しません。できれば初期段階で疲れ目をなくしていくことが必要なポイントとなります。
セレンも抗酸化作用を持っています。
セレンはがん予防に効果があると伝わっていますが、その働きで血管を守り、目の周りの血液循環をよくしてくれます。
セレンは海産物にたくさん含まれています。さらに魚介類は生活習慣病などの予防にもつながるため、積極的に取り入れましょう。
仕事をしていけば、その日の目の疲れが眼精疲労に上乗せされます疲労が重なるわけですから、そう易々と回復できないことは明らかです。疲れ目のままであれば、1~2日ぐっすり眠ると解消され明日には疲れが持ち越されません。ルテインは緑黄色野菜に多く含有し、青汁の原料であるケール、ほうれん草などに多く含有されています。
最近の研究では、ルテインのおもしろい資料があります。
ルテインを取り入れている人は黄斑変性症の状態になる人がルテインを摂っていない人と比較して半分の人しか症状がでなかったそうです。