京丹後は帯広から積雪が多いです。

この冬一番の寒冷が入り山陰ふる里から北陸にわたって大雪が降り、赤ん坊カップルがいる京丹後はどうなんだろうかと心配していました。恋人がバレンタインのチョコレートを義理の赤ん坊に送り届いた御礼にと電話がありました。当然スノーのメッセージになりスマホで画像を撮って見せてくれました。約1m身の回り降ったという、目下これほど降った記憶はないと話していました。除雪が入らないので身動きが「デケヘン」という話していました。北海道の帯広に住んでいる私の通りによって積雪が多いとは驚きです。
日々の期間の流れが大人になるとハイスピードムードだ。
息子ご時世という大人になってからでは、時刻の流れの感度が違うそうです。いよいよ、最近は一日常時がぱっと過ぎ去ります。また、年間ある年間さえ、年明けを終わってから夏場が来て、さっさと年の暮れという感じです。これは、進化とともに事例が伸びるので脳に挑発が少なくなり時刻の流れが早いように感じるそうです。小学校のうちは、1年生から6年生になるまでがとんでもなく長かった気がします。それが今では6時代なんてのは短期間だ。なのて、最近始めたことが毎朝直ちに起こることです。朝方6時折目を覚まして何か一門仕事を通しています。そうすることで時刻を有効に使えて要る感じがするのです。